感染症情報 11月10日

  • 2014.11.10 Monday
  • 20:00
立冬も過ぎていよいよ寒さ本番ですね…
クリニックもそろそろ忙しくなってきています…

嘔吐下痢を伴うウィルス性の胃腸炎が増加しています。
まだ大流行ではありませんが、これから増えてくると思われます。
ノロウィルス迅速検査でも陽性のお子様がおられます。
ウィルス性胃腸炎は大変感染力が強いです。嘔吐物や便から出るウィルスを吸い込むことで感染します。
お子様が嘔吐や下痢をされましたら、速やかに処理をして感染防止を心掛けてください。

また溶連菌感染症は相変わらず流行しています。

ゼーゼーの咳のお子様も多く、RSウィルス陽性の赤ちゃんも数名みられます。

水ぼうそうもやはり数名みられます。




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM