感染症情報 6月10日

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 17:37
梅雨入りし、ジメジメと蒸し暑い日が続いていますね。

クリニックはこのところ落ち着きをみせています。
嘔吐下痢はまだ流行はあるものの、随分減った印象です。
溶連菌感染症は変わらず流行しています。

また、夏風邪のウイルスであるヘルパンギーナは増加しています。

ヘルパンギーナは咳や鼻水の兆候がなく、急に高熱が出て2〜3日続きます。
口内炎ができて水分や食事がとりにくくなるので、脱水にならないよう水分補給が重要となります。

手足口病やアデノウイルス感染症(プール熱)も数名みられます。いずれも夏風邪のウイルスです。

また、水ぼうそうとおたふくかぜも一部で流行しています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM